過去倉庫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タンクローリーの不思議

タンクローリーって知ってます?

んなもん知ってるわ!!って方多いと思いますが、

じゃあ、なんで前2軸車が多いか知ってます?!

ずーっと昔から気になってたんで、ネットで調べてみました。

tkl_01


以下はYAHOO知恵袋から引用です。





★前2軸車が何故多いのか?

簡単に言えば効率的だからです。


★どのへんが効率的なのか?

単車は16KL車(16000L)が最も多いです。
この16KLという数量は前2軸車の最大積載量です。
そして前2軸車は小さなスタンドでも入れるサイズです。

16KLを超えると前2軸車は最大積載量をオーバーするために使えません。
それに16KL以上になると小さいスタンドへの出入りが厳しくなります。

つまり小さいスタンドでも入れてそれなりの量も運べる万能タイプという訳です。


★単車は前2軸車しかないのか?

2デフ(前1後輪2軸)のタンクローリーもあります。
2デフ車では20KLまで積載できます。


★何故2デフ車より前2軸車のほうが多いのか?

コストダウンです。
タイヤの本数が2デフ車10本に対し前2軸車は8本で済みます。
販売価格も前2軸車のほうが安いです。


★16KL以上積むには?

これは運送会社の思考や届先にもよりますが大半はトレーラーを導入します。
どうしても単車にする場合は
2デフのタンクローリーになります。


★2デフのタンクローリーはどこで見れる?

主に山岳・豪雪地帯で普通に見られます。
私は山梨県でタンクローリーの運転手をしておりますが、私の勤める会社にも3台あります。

山梨県のお隣、長野県では2デフ車が多く稼働しております。

これは前2軸車は雪に弱いのが影響しているからです。




・・・・・ふむふむ。

なるほどねー

他にも、リヤオーバーハングが短いからフリダシが少ないとか、
小回りが利く、バックしやすいという意見もありましたね。

なんとなく疑問が解決っ!
スポンサーサイト
  1. 2010/12/01(水) 21:46:21|
  2. 報告!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<発表会♪ | ホーム | 美術な日曜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://orangesunday.blog.fc2.com/tb.php/143-f9692da0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SUNDAY0730

Author:SUNDAY0730
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (228)
報告! (121)
そんな日曜 (82)
ラジコン (7)
プラモデル (166)
旨いもの (19)
ユニオン DATSUN510 (2)
TSサニー(スロットカー) (4)
アオシマ ハイエース (22)
VW TYPE-1 OLD S'COOL (11)
TOYOTA CENTURY (6)
TYPE-2 CREWCAB (44)
過去作品 (6)
E70 COROLLA VAN (17)
FORD THUNDERBOLT (8)
510 WAGON (10)
BRE 240Z (8)
CITROEN AK (2)
自己紹介 (3)
CHEVY VAN (52)
ミリタリーモデル (21)
艦艇 (3)
NISSAN TERRANO (1)
VW TYPE147 (3)
TYPE1 pickup (6)
スバルサンバー (4)
レイトバス (7)
1937 FORD Woody (22)
TOYOTA HILUX (1)
SUBARU LEGACY (1)
EBBRO's 2CV (7)
FORD F350 ROLLBACK (3)
1940 FORD PICKUP (3)
1965 ELCAMINO (5)
1941 FORD WOODY (16)
430 グロリアバン (10)
TAJI MA HAL'S BEETLE (3)
SJ40T ジムニートラック (5)
'49 Mercury Wagon (9)
Deal's Wheels (1)
EBBRO RENAULT 4 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。